ネットビジネスでやる気に左右されにくくなる方法

ネットビジネスでやる気が出る男ネットビジネス

今回はネットビジネスでやる気に左右されにくくなる方法を書いていきたいと思います。

以前書いた記事の内容と結構被ってたりしますが、僕自身が今まで続けてきてかなり大事だと思うことなのでもう一度書きたいと思います。

自分なりのルールを決める

まず、ネットビジネスに参入したばかりの人達が最初にやった方がいいこと、意識した方がいいこというのは、毎日の自分なりのルールを決めるということです。

例えば、アドセンスブロガーやアフィリエイターであれば必ず1日1記事書くとか、YouTuberであれば必ず1日1本動画作るとか、そういったことです。一度自分なりのルールを設けて、必ずやるように意識した方がいいです。

何故かと言うと、ルールを一切設けずにやろうとすると、やる気のない日はやらなくなってしまうからです。

一回やらなくなると甘えが生じ、明日でいいか、明後日からでいいか、来週からでいいか・・・というような感じで、何もしない日というのが本当に増えていってしまいます。

だから、最低限毎日行う作業量を自分ルールとして設定して毎日必ず達成していくことが重要です。

ネットビジネスで失敗する原因は、やり方が間違ってるからとか、収益が上がるまで時間がかかりすぎて心が折れそうになるからとか、ドリームキラーに潰されるからとか色々言われてるんですけど、結局のところ途中で諦めて辞めてしまうから失敗するんです。

諦めて失敗するのであれば、途中で諦めず淡々と自分ルールに従って続ければいいだけです。やめないで毎日コツコツ積み重ねていくのがネットビジネスで稼いでいく際に重要になります。

さすがに熱が出て病気になった時は何もできなかったりするんですが、そうでない日、例えばなんかやる気でないという日でも、今日中に最低でもここまで終わらすっていうような自分ルールを設けて必ず達成するようにします。

これって最初はすごく難しくて、いざ自分ルールを設けても甘えが生じて、やっぱり途中で辞めようかなとか、今設定しているノルマきつすぎるから緩くしてみようかとか思ってしまうこともしょっちゅうあります。

本当に自分に課したルールがきつすぎたのであれば緩くして、やる気が無くても毎日続けられる程度にすればいいです。

ただ、普段通りやりさえすればちゃんと達成できる程度のルールですら面倒になってしまって途中で投げ出すってことだけはやらない方がいいです。

今の自分にも十分できるようなルールですら面倒だって後回ししてたら、結局は最初にも書いたようにズルズルズルズルと日が経ってしまい、気づいたら本当にやらなくなってしまいます。

なので、最低限自分で決めたルールを必ず守るようにして習慣化することが大切です。そうやって続けたら、やるのが当たり前という感覚になってきます。

スポンサーリンク

習慣化してくると自然とやるようになる

習慣化してくると、不思議とやる気がない日でもとりあえずやるようになってきます。

いつも必ず続けるようにしていると、完全に習慣化した頃には、やっていないと落ち着かないようになります。

人間は習慣化するのに約3ヶ月程度かかるって言われてるんですが、僕が以前YouTubeに動画上げて稼いでいた時は、毎日動画を必ず上げる習慣を身につけるのに半年くらいかかってしまいました。

でも、それ以降は収益停止食らうその時まで、何も考えなくても動画を上げ続けることができました。

そんな時って、やる気とか全然関係無かったです。毎日作らないとなんか落ち着かないから毎日作っていました。

さすがにYouTube収益停止を食らった時は精神的ダメージが深かったので、それまで続けてきた習慣が続けられなくなってしまったんですけどね。

こんな感じで、一度習慣化できてしまえば、ものすごく精神的にやられてしまうような出来事が起きない限りは平然と作業を継続できるようになります。

今はブログ記事を書く習慣を身に着けようとしており、すごく辛いと思うことも多々あるんですが、途中で辞めたらズルズルいってしまうと思って結局毎日書き続けています。

で、最終的に毎日書かないと気が済まないって状態になることができれば、あとは何も意識しなくても自然と続けられるようになると信じてやってるところです。

あなたももし習慣化できてないのであれば、まず半年は自分ルールを絶対に守り続けるって決めて作業するようにするといいかもしれないです。

今この記事を読んでる方で、毎日最低でも行う作業量を決めてないって人は、必ず決めるようにした方がいいです。

スポンサーリンク

きついと思っても最低限の作業は絶対する

自分ルールを設けて毎日ノルマをこなしてると、本当に今日は絶対無理だって思うようになることがあります。

今日は絶対やれないとか、今日こそ続けるのは無理・・・本当にこれ以上は無理・・・全くネタが思いつかない・・・一文字も書ける気がしない・・・一本も動画作れる気がしない・・・という感じになることって絶対あるんです。

それでも無理矢理身を起こして、その日のうちに必ず1本記事書いたり、1本動画作ったりします。そうやって絶対に守るようにするんです。

今日は作業しようかな、いや、やっぱ面倒だからやめておこうかな・・とか悩んでいる暇があったらなおさらやったほうがいいです。途中で辞めてしまう人は結局、余計なことに気を取られて迷うのが原因だったりします。

これ続けて本当に大丈夫だろうか・・・とか、意味あるんだろうか・・・とか、今日一日の作業やる気おきないな・・・という感じで。でもそうやって悩めば悩むほど時間だけが経っていきます。

そして悩むという行為によって精神だけが削られていき、それで自滅して何もできなくなったりします。これがネットビジネスで失敗する人の典型的なパターンだと思います。

僕の場合は会社に属してるわけじゃないので、つまりほぼ専業みたいなものなので、やる気のあるときや調子のいい日は1日に12~18時間かけて動画6本とか作ってた時もありましたし、今やってるブログでも一気に5~6記事とか書けてしまったりする日があったりします。

でもそれは最高にやる気がある時しか出来ない事で、必要最低限のノルマというのは、YouTubeやってた頃は1日動画2本って決めてましたし、今やってるブログは一日最低1000文字で1記事って決めてやってます。

ブログに関してはもう少し最低ノルマを増やした方がいいかもしれないけど、まだまだブログは始めたばかりなので、いきなり高いノルマを設定して自分を潰してしまわないように注意しています。

自分に課したノルマが高すぎて自滅するのだけは避けないといけないからです。

この記事を読んでいる方達は、おそらく社会人の方が多いとは思いますが、人それぞれ費やせる時間は違うと思うので、余裕をもって最低ノルマを設定して作業するようにしましょう。

ノルマを設定する時は作業量を基準にする

ノルマを設定する時は作業時間ではなく、作業量を目安に設定したほうがいいです。

例えば作業時間を設定したとして、最低1時間やるって決めてパソコンに向かうとします。

で、最低1時間はやるって決めてても、やる気のない日に1時間パソコンに向かった場合、作業効率が悪いせいで全然記事が書けなかったり、動画編集が進まなかったりすることがあります。

そして1時間経った後に思い返してみると、全然作業できてない・・・・てなったりするんです。

酷くなってくると、作業に身が入らないままの状態で、1時間まであと20分か~・・・とか、そんな感じで時間を待っているような意識になってしまったりします

そうなってしまうと結局時間を無駄にしてるのと変わらないので意味がないです。その20分がもったいないです。

なので、作業時間をノルマにするのではなく、作業量をノルマにするべきなんです。

ブロガーやアフィリエイターであれば必ず1日1000文字以上で1記事とか、YouTuberであれば必ず1日動画1本とか、そういった感じです。

今まで記事書いたこと無いから1000文字も書けないって人だったら、最初の頃は200~300文字とかでもいいんです。

動画作ったこと無いから一日1本すら無理というのなら、作業を数日に分けて1本完成させるようにしたらいいんです。

とにかく自分に課した最低ノルマ(作業量ベース)だけは絶対に守るようにします。

これを無理矢理半年くらい続けてると、いずれ作業してないと落ち着かなくなります。習慣化してくるからです。

で、完全に習慣化できればやるのが当たり前って感覚になるので、そこまで来たら1日の最低作業量を若干増やしてみるといったことも可能になってきます。

こうしていくことで、徐々にやる気に左右されないで毎日確実に積み重ねることができるようになってきます。

今僕は、何度も同じような事を書きましたが、YouTubeで毎日動画を上げてた頃のようにブログ記事を書くのを習慣化しようと努力している最中です。

なので結構辛いと思う時があったりしますが、そんな時に負けずになんとか自分で決めた必要最低限の作業量はこなすようにしています。

コメント