ノートパソコンのタッチパッドを無効化できない時に強制的に無効化するための最終手段【Windows 10】

タッチパッドを無効化したくてイライラする人の手 PC関連

ノートパソコンのタッチパッドはマウスが無い時には便利な反面、キーボードを叩く時に手首や手のひらの一部が当たって誤爆する厄介者です。

特にこうやって記事を書いている時に誤爆し、いつの間にか全然違う所にカーソルが移動してクリックされたことになり、イライラしたりします。

そのため、大抵の人はタッチパッドを無効化して誤爆を回避します。

しかし一部のケースでは、タッチパッドを無効化するための設定がどこにも見当たらず、どうしても無効化することが出来ずに泣きを見ることがあります。

僕が現在使っているノートパソコンに関しては、以前はタッチパッドを無効化する機能があったので問題ありませんでした。

しかし昨年のWindows10大型アップデートを経てからは、無効化していたはずのタッチパッドが何故か有効になってしまいました。

仕方ないので無効化しようとWindowsの設定画面をいじろうとしたのですが、なんとどこにも無効化するための設定が見当たらなくなっていたのです。

このような事があって以来、ずっとタッチパッド機能が有効の状態で使ってきたのですが、とにかくネット検索中に誤爆してキーワードがめちゃくちゃになるわ、記事を書いてる時に誤爆して超イライラするわで、結構散々な目に遭ってきました。

今までどうしても無効化する方法が分からずに泣きを見ていたのですが、ついに強制的に無効化する方法が分かったので手順付きで記事にしておきます。

Windows10のノートパソコンを使っているけど、タッチパッドがどうしても無効化できないという方は参考にしてみてください。

タッチパッドを強制的に無効化する手順(Windows10)

①デスクトップ画面にて、マウスカーソルを目一杯左下まで持ってきます(黄色の矢印の先)。この状態で右クリックしてください。

追記:どうやらスタートボタン上で右クリックすれば問題無く表示されるようです。

タッチパッド無効化手順1

 

『デバイスマネージャー』をクリック。

タッチパッド無効化手順2

 

『マウスとそのほかのポインティングデバイス』をクリック。

タッチパッド無効化手順3

 

④おそらくここで使用しているマウスのデバイス名と、ノートパソコンに搭載されているタッチパッドのデバイス名が表示されると思います。

タッチパッド無効化手順4

僕の環境では『PS/2 互換マウス』がタッチパッドのデバイスでした。タッチパッドデバイスの方を右クリックしてください。

 

『ドライバーの更新』をクリック。

タッチパッド無効化手順5

 

『コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索(R)』をクリック。

タッチパッド無効化手順6

 

『コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します(L)』をクリック。

タッチパッド無効化手順7

 

赤い四角で囲った部分のチェックを外してください。

タッチパッド無効化手順8

 

⑨左側の設定から『(標準マウス)』を選択してください。

タッチパッド無効化手順9

 

⑩右側の設定から『標準シリアル マウス』を選択し、『次へ(N)』をクリックしてください。

タッチパッド無効化手順10

 

⑪ドライバーの更新警告が表示されますが、気にせず『はい』を選択します。

タッチパッド無効化手順11

 

⑫更新されたら次のようなウィンドウが表示されるので、そのまま『閉じる』をクリックしてください。

タッチパッド無効化手順12

 

⑬パソコンの再起動を促されるので『はい(Y)』を選択してください。

タッチパッド無効化手順13

 

再起動後、タッチパッドが無効化されていたらOKです。

念のためにデバイスマネージャーを開いて確認してみると、タッチパッドデバイスが以下のように表記されています。

タッチパッド無効化手順14

標準シリアルマウスの左側のマークに三角ビックリマークが表示されていると思います。

『エラーによりデバイスが正しく動作していない』という意味なのですが、今回の強制無効化では、タッチパッドのドライバにわざと間違ったものを割り当てることで無効化しています。そのため、これでOKです。

もしタッチパッドを再度使えるようにしたいのであれば、元々割り当てられていたデバイスドライバを選択し直してパソコンを再起動すれば使えるようになります。

以上、『ノートパソコンのタッチパッドを無効化できない時に強制的に無効化するための最終手段』でした。

コメント