ブログでネタ切れを起こしそうな時にどうやって続けていくか真剣に考えてみた

ブログのネタ切れで困っている男性ブログ関連

これからブログ記事書いてネット収益を獲得するぞと意気込んで始めてみたものの、最初の数記事ですぐネタが尽きてしまい、もう書けないって感じになって辞めてしまう人。

最初は書けるなと思っても10記事目くらいには限界を感じ、自分には向いてないと思ってそこで辞める人。

最初の1週間は意外と記事が書け、気づけば30記事くらい書けたけどネタがそろそろ尽きそうで、これ以上本当に続けられそうか不安になってる人。

いろんな人がこういった壁に直面し、ネットビジネスを撤退していくことになる現実があります。

そして、ブログ始めて8日目の僕も例外ではありません。今までトータルで44記事書きました。そのうち公開しているのはこの記事含めて27記事になります。

これからどんどん記事数を増やしてコンテンツを充実させていこうとしている矢先に、ネタ切れしそうだという壁にぶつかっています。

どうにかしてこの壁を突破し、ブロガーとして最低限のレベルと言われる100記事に到達するにはどうすればいいか、真剣に考えていきたいと思います。

人生経験から無理矢理アイディアを捻り出す

今までの人生経験から考えられる記事ネタを徹底的に捻りだして記事を増やしていく感じです。しかし、27にもなって人生経験少ない僕にとっては正直言って限界があります。

はっきり言って20000字の自己紹介(現在は非公開にしてます)でほぼ全て出尽くしてるようなものです。人生経験豊富で記事ネタなんて無限に思いつくよって人には最適な方法であると思います。

他のブロガーの記事を参考にして自分が書けそうなネタを探す

今まで上げてきた記事の中には他のブロガーの記事を参考にしながら、自分なりの考えを書いてみたものもあります。

しかしやってみて分かったのですが、他人のブログ記事を読んでて、『この内容なら自分なりの意見で記事書けるぞ』っていうものって意外と少ないのです(もしかすると僕の引き出しがまだまだ少ないからかもしれません)。

基本的に僕は他人の意見や考えを聞いて、そのたびに何かしら自分の意見が出てくるなんてことはほとんど無いので、このやり方は意外と苦戦しています。

他人の記事を読んでて自分の意見がいくらでもバンバン出てくるよって人は、この手法は向いてるかもしれません。

スポンサーリンク

他のブロガーの記事を自分の言葉でリライトする

おそらくほとんどのブロガーがやってると言っても過言では無い、他人の記事のリライト。

基本的に自分の言葉で置き換えて記事を書き直せばいいだけだと思われがちですが、その考え方だとうまくいかない可能性が高い方法でもあります。

何故なら、実際にやってみれば分かるのですが、他人の文章をそのまま自分の言葉に置き換えたところで内容が似たり寄ったりになってしまうのです。

もちろん文章構成までもがそっくりそのままになってしまいやすいです。

他人の記事と似通った記事を量産してしまいかねないので、下手したら検索エンジンにコピペ判定食らってブログ評価が下がってしまい、今まで積み上げてきた記事がゴミと化す可能性だってあります。

そのため、個人的にこの方法はあまり取りたくないですし、この記事を読んでいるあなたにもお勧めしません。

スポンサーリンク

壁を感じる度にそのことをネタにして書く

今こうやって書いてる記事のような感じですね。

しかし、毎回のようにすぐ壁を感じてこんな事ばっかり書いてたら何の面白みもないですね。

読者が求めてるのは価値ある情報ですし、毎回同じような記事出されても誰も読まないですからね。

キリのいい記事数で記念記事みたいなのを書く

まだ僕自身達成出来てないですが、50記事達成記念100記事達成記念・・みたいな感じで区切りのいい数字で記念記事を書いてく手法です。

これは数をこなしてきたブロガーさんならほぼ必ずやってる方法ですね。

僕もさっさと50記事書いて、『50記事達成。その時の僕の心境について』といったようなタイトルで書いてみたいとは思ったりしてます。まずはそこまで行ければの話ですが・・・。

YouTubeで情報発信してる人の意見を参考に記事を書く

この方法で書いた記事も数記事ありますね。

喋るのが結構長いYouTuberさんだと記事の内容も結構深くなったりして、気づいたら3000~4000字以上書けてたなんてこともあります。

ただ、話を聞きつつ重要そうなところや参考になったことをメモして、話の内容を忘れたら少し巻き戻して聞き直したりという作業が地味に大変だったりします。

トレンド記事を書く

これはまだやったこと無いですが、最近流行ってる事柄に関する記事ばかり書くという手法です。

流行り物に興味があって、それらに関する記事を書くのが大好きって人であれば最高の方法かもしれませんが、残念ながら僕は流行り物にはほとんど興味が無いのです。

そのため、トレンド記事ばかり書いていくとなると、興味のないことを無理矢理頭にインプットして記事を量産していく形になるので、ものすごい苦行になりそうです。

日記を書く

残念ながら日記を書くだけでは読者が増えることは無いと思ってます。どこの誰かも分からない人の日記なんて読んだところで面白いですかね?

芸能人の日記とかなら読んでみたいと思うかもしれないけど、社会に出られずに家に籠もってネットビジネスばかりしてるだけの代わり映えの無い人間の日常って、読みたいですか?

多分誰も読みたくないでしょう。読んでくれるのは友人くらいのもんです・・・・。

本を読んでネタを集める

この方法は他のブロガーさんがよくお勧めしている方法だったりします。本の感想がすんなり思いついて人に簡単に勧められるよって方は、本の知識をベースに記事を量産していくといいかもしれません。

しかし僕はこの方法苦手です。本の内容を全体的に短く要約して、こんな本でした。◯◯なあなたはぜひ読んでみてはいかがでしょうか』って紹介するのは本当に苦手です。

本の内容を他人にわかりやすく要約して伝えられる人じゃないと向いてないかもしれないですね。

過去記事をリライトする

どうしても新しい記事ネタが思いつかないという時には、過去記事のリライトに専念するのもいいかもしれません。

僕はまだブログを始めて間もない状態ですが、それでもそこそこの量の記事数はあります。もしかしたら内容の不十分な記事もあるかもしれないので、そのあたりを修正、加筆していくだけでも違うかもしれません。

最近の検索エンジンの傾向としては、読者にとって価値のない情報は上位表示しないというのがあるようなので、過去記事の中につまらない記事、内容が薄い記事などがあれば見つけ次第修正するか、どうしても直しようが無いなら消してしまうなどした方がいいかもしれないですね。

まとめ

ここまで思いつく限り記事ネタに困った時の脱出方法について書いてみました。

とりあえず僕がこれから記事を書いていく最も妥当な方法は、他人のブログ記事を色々見て回ったり、YouTubeで情報発信してる人達の言ってることを参考にして自分なりの意見や考え、共感できた事などについて記事を書いていくことくらいかもしれないです。

ちょっと特殊な記事になってしまいましたが、こんな記事でも参考になったのであれば幸いです。

コメント